雨は僕を避けて降る

ゆったりとしたブログを

今日は受験!! …のようです。

f:id:VentureZ:20170203121608j:plain

こんにちは。

月(るな)です。

今日も朝7時に起きて、

シャワーを浴びて、

歯を磨いて、

髪をセットし、

バイト先へ、とぼとぼ向かいました…。

【※朝ごはんは食べない派(起きるのが遅い)】

 

いつも通り通勤していると…

ちょっと待て。

 

制服を着た学生がゾロゾロそこらを歩いてる。

 

 

心の中で「テロか…!?」と、しょうもない妄想をしていましたが… 

待て待て待て、私と行き先が同じではないか。

目的地に近づくにつれて明らかに学生の数が増えている…。

 

(ちなみに私は、私が通っている学校のstaffのバイトをしています。)

 

いつも通り正門が見えてきた。

なんかいつもと違う。

正門に何人もの人たちが待ち構えている。

手には大学のパンフレットか何かを持って、「頑張ってくださ〜い」と受験生に笑顔を振舞っていました。

 

まぁ、私は私服だから間違えられることはないだろう……

私はいつのまにかポケットに手を突っ込み、イヤホンをつけ、大学生アピールをしてました…(私の負け)。

 

まぁ、間違えられることなく(余裕)正門を通過したけど、まぁ、学生の多さ。

一箇所になんか集まってるみたいだけど…

ちょっと気になり見にいくと…

 

懐かしい…。

 

受験室案内板。

 

私が受験したときと同じ案内板。

一気に私の受験の時の思い出が思い浮かびました。

 

心配性のため前日に案内板を見に行き、写真を撮り、ホテルで何度も見返したこと…

ホテルのWi-Fi環境が素晴らしくて、面接の練習が進まなかったこと…

面接練習で先生にされた質問を1つもされなかったこと…(私は決して先生を責めたりはしなかった…

 

思い出に浸りながら、今日も勤務頑張ろうと職場(主に受付)に着いたが…

 

入試期間中は付添人控室となっている私の勤務先には、受験生のお父さん、お母さん方が大勢。

みんな心配そうに子供の帰りを待っている。

 

私の受験の時、同行した母もこんな感じで待っていたのだろうか…

それを思うと、ね、なんかね、込み上げてきますよね(察して)。

 

ただただ今日は受験生頑張れって思ってましたね。(おまえもバイト頑張らんかい

 

最後に受験生にアドバイスを1つするなら…

 

受験前日の泊まるホテルは、Wi-Fi設備が整ってないところにしろよな!

 

 

ではまた今度。